鎌野直人校長 あいさつ

 
 

 関西聖書神学校は、天と地と海がいつも見える場所に建っています。

 神学校は、天地創造の神がよいものとして造られた世界をいつも見つめつつ、創造者である父、天と地の権威を授けられたイエス、全地をその栄光で満たする聖霊の三位一体の神を知り、礼拝する場所です。そして、神学校も、天と地がひとつとされるその時を待ち望みつつ、ひとつの教会のからだとして歩むように召されています。


 関西聖書神学校は、山の上に建っています。

 アブラハムも、モーセも、エリヤも、イエスの弟子たちも山の上で顔と顔を合わせて神を見、その声を聞きました。そして、エルサレムの丘の上でイエスは十字架に架けられました。ですから、神学校は、ひとりで、そして神の民とともに、祈りとみことばによって神の取り扱われる場所です。十字架と復活のイエスと顔と顔を合わせてお出会いし、神の恵みを知り、自らの姿を知り、造り変えられる場です。しかし、いつまでも留まる場所ではありません。神が定められた期間だけとどまったあと、世界へと遣わされていきます。


 関西聖書神学校は、まわりを住宅に囲まれています。

 神学校は世から完全に遊離した場所に建ってはいません。世からの影響をよくも悪くも受けています。けれども、世が神学校を生み出したのではありません。神学校は、神が生み出したものであり、世に遣わされているという使命をいただいています。世からの聖別が問われつつ、地の塩、世の光として世のために建てられています。


 関西聖書神学校は、日本伝道隊の本部と同じ敷地を共有しています。

 神学校は、日本伝道隊の超教派のスピリットを共有し、未伝地伝道、働き人の養成、聖会の開催の三つの使命に生きている場所です。ですから、さまざまな教派との協力に深く根ざしつつ、神学校にゆだねられた独自の使命を果たしています。 


 ぜひ、あなたも、関西聖書神学校を訪れてみませんか。